2017年10月28日土曜日

ノンベジ正当化論



ノンベジを食べようとしている時にも、
「そこまでして食べたい?」と自分自身に訊いてみて、
YesかNoか、自分の判断で決めている、
ということを自覚することが大切です。

状況のせいにしたり、科学的なデータや人の言葉を引用して正当化しようとしても、
正当化するという行為自体、間違っていることが前提なので、正当ではありません。

自分はノンベジを食べなくても十分生きながらえれるのに、
それでもノンベジを食べる行為を選んでしまう人間だ、
と自覚して、プラーヤスチッタ・カルマ(いわゆる穴埋めとして、
貢献する行為をすること)をするのがいいですね。
パンチャ・マハー・ヤッグニャ(また今度説明します。)のコンセプトも同じようなものです。

***

タイトルの意味ですが、

自分の価値観の優先順位を変えていきたい、
というフレキシブルな姿勢で相談されたなら、いくらでも付き合いますが、
「自分はノンベジがどうしても食べたいから正当化しないと」
という答えが先に決まっている場合の「ノンベジ正当化論」は、
向けられても、不毛なので議論はしません。


ということが書きたかったのだけど、それだけでは本当に不毛なので、
生産的なことを書いてみました。


Medhaみちかの関連サイト