2017年11月20日月曜日

記念すべき、日本での初めての日本語のクラス

ナマステ、
昨日は、大阪市内のお寺で、サンスクリット語の祈りのチャンティングと、意味を文法的に見るクラスをする機会に恵まれました。
インドでもオンラインでもよく教えていたので実感はありませんでしたが、実は、記念すべき、日本で初めての日本語でのクラスでした。
興味津々の目で、どんどん聴いて、どんどん吸収し、どんどん質問をしてくれる皆さんを目の前にしてお話しするのは、とても嬉しかったです!初めてとは思えない位、皆さんチャンティングの上達と文法の吸収が速く、クラス全体的に和気あいあいとして、とても楽しく充実した時間が過ごせました。
オーガナイズしてくださったSatoshiさんに、special & many thanks です。
今後とも、勉強を続けていきたいですね。

勉強の始め方&続け方としては、3回くらいかけて、赤い祈りの本にある全ての祈りの句のチャンティングと意味を見て、チャンティングと文法の勉強を続ける習慣の土台ができたら、ギーターやプラカラナ等のヴェーダーンタの文献に入っていくのが良いと思います。
同じ日の夕方からは、Muktih Muktidhaamさんのところに伺い、サンスクリット語のクラスとラーマーヤナのクラスの見学をさせていただきました。
20名近くもの方が参加しておられるのにも驚きましたが、
文章読解のステップを確実に身につけられるよう、Muktiさんがひとつひとつ丁寧に教えておられるのが良く分かる授業の進め方で、それを皆さんがしっかり身につけておられるのを見て、感動いたしました。
本当にみなさん、Muktiさんのもとで丁寧な指導が受けられてラッキーですね。
とても充実した一日でした!
明日からはお正月まで、寒い中各地でクラス続きで体力は必要ですが、これからもこのようにたくさんの人々と共にインドが教えてくれた智慧をシェアできるのを、とても楽しみにしております!

Medhaみちかの関連サイト